役員名簿
委員名簿
沿革
組織図

大分県高等学校PTA連合会の沿革

昭和24年 4月 県立高等学校PTA会長会開催。会長に堤喜代蔵が就任
昭和26年 4月 大分県立高等学校PTA連合会が発足。初代会長に堤喜代蔵が就任
昭和27年 4月 第2代会長に桑原専一が就任(27〜28年度の間、全高P副会長を歴任)
県PTA(小・中)と高校PTAとの間に「県PTA協議会」組織される
11月 全国高等学校PTA協議会発足。本県など10道県が参加
昭和29年 4月 第3代会長に堤文次郎が就任
昭和32年 4月 第4代会長に塚本直が就任
昭和36年 4月 第5代会長に高田 休が就任(36〜38年度の間、全高P副会長を歴任)
昭和37年 8月2日〜3日 別府市で、全国高等学校PTA協議会を開催(700名が参加)
昭和38年 11月 県高P連振興大会を大分市で開催
昭和42年 第6代会長に麻植敏秀が就任(全高P副会長を歴任)
昭和46年 11月25日 会報第1号を発刊する
昭和47年 8月 はじめて県高P連指導者研修会を大分市で開催
昭和51年 この年から県高P連指導者研修会を県内6地区に分かれて開催(県教委・県高P連・地区PTAの三者共催)
昭和53年 8月21日 別府市で、第22回九州地区高等学校PTA連合会大会開催、1,500余名が参加
平成5年 6月23日〜24日 大分市で、第37回九州地区高等学校PTA連合会大会開催2,400余名が参加
平成7年 6月 第7代会長に田邉一徳が就任
「豊のまなび」創刊号発刊
平成9年 6月 田邉一徳本県高P連会長、全国高等学校PTA連合会副会長に就任
平成11年 6月17〜18日 別府市で、第43回九州地区高等学校PTA連合会大会“豊の国大分大会”を開催、約2,900名が参加
平成11年 11月18日 県高P連振興大会を県南(南海部郡弥生町)で開催。
本年度以降、振興大会を隔年で大分市以外の地で開催することとなった。
平成12年 4月27日 県高P連設立50周年記念式典を大分市で挙行。
記念講演舛添要一氏  演題「学び心」
平成12年 6月 田邉一徳本県P高連会長、全国高等学校PTA連合会会長に就任
平成13年 県教委委託事業「地域教育力向上連携推進事業」に国公立私立幼・小・中・高のPTAが連携して取り組むことになった。 (〜15年度まで)
平成15年 1月19日 (社)全高P連九州地シンポジウム「子どもの心を育む家庭教育の充実」を県高P連の主管により開催(大分市)
シンポジウムテーマ「幼・小・中・高の組織連携による子育て」
平成15年 6月 第8代会長に高橋正夫が就任
平成19年 全国高等学校PTA連合会会長に高橋正夫就任
大分県高等学校PTA連合会会長代行に三浦啓亨就任。
平成20年 6月 九州地区高等学校PTA連合会大会を別府市で開催。
平成21年 第9代会長に三浦啓亨就任。
3月に大分県高等学校PTA連合会創立60周年を祝う会を開催。
60周年記念誌発刊
平成25年 6月 第10代会長に木戸浩久就任
平成28年 6月 第60回記念九州大会「おんせん県おおいた大会」
平成29年 6月 第11代会長に和田俊二就任

▲TOP